蓮見の先導のもと、飲み会の会場となっているイタリア料理店に到着した。



店内は、すでに赤い顔をしたサラリーマンの皆さんでいっぱいだ。




店員に案内されて、店の一番奥にある大きなテーブル席に通される。




仕切りのカーテンを引いて蓮見が顔を覗かせた瞬間。






「おぉっ、蓮見! 待ってたぞ!」






野沢部長が嬉しそうに手を挙げた。




蓮見もにこりと笑い、「どーも、野沢さん」と答える。






「ほら、蓮見、ここ座れ、ここ!」






みんなが揃うのを待ちきれなかったのか、野沢部長の前にはすでに大ジョッキのビールが置かれていて、部長は上機嫌に蓮見を手招きした。





蓮見は誘われるまま、部長の隣に座る。






この作品のキーワード
オフィスラブ  大人の恋  同僚  上司  毒舌  浮気  俺様  無愛想  イケメン  ナルシスト 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。