キミより美しい人を、僕は知らない。



初めて見たキミは、一瞬で僕の心を奪っていった。




もう一度君に会えたら、溢れるほどのこの気持ちを


伝えたい。






目次