むとうさんは意外と笑う。
というより、ニヤニヤという擬態がぴったり合うような笑みで楽しそうにしてくれる。

「いやぁソースにアボカドって美味しいですね。最近そればっかです。」

「気づかねぇほうが変なんだろ。」

彼は初めて会った時は敬語だったが、最近は本当に言葉遣いが悪くてヤクザ的だ。柏木さんには敬語なんだけど…


***
「むとうさんの車見た?いい車乗ってるよねー。」
「ベンツのSクラスは乗せてもらいました。内装豪華でしたね。」
「え、あのベンツ乗せてもらったんだ!貴重じゃないそれ?」
「えっそうなんですか?」

今日はむとうさんはいない。私は仕事場も離れてるし、毎日は通えない。大抵週一2回ってとこで、私がいけばむとうさんが先に飲んでる構図が多かった。今日は柏木さんと二人でおしゃべり。

「うん。だってあの車は有事の時だけだしレア登場だよ。」

ちょっとだけ乗せてもらったあの日を思い出す。むとうさんは何者なのか?接していて7割方答えは出ていたけど本人に聞くことがなぜかルール違反な気がしていた。自分から言ってくるのを待つのが筋だとなんかよくわからない決まりをつけていた。

この作品のキーワード
ヤクザ  極道  大人  バー  リアル  OL  俺様  大人の恋  純文学  失恋 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。