これは、死ぬために毎日過ごした私の、辛くなくとっても幸せな時間のお話。