兎川 哀*さま
読んでくださってありがとうございますm(._.)m
ドキドキしていただけてよかったです(*´ω`*)

色條久遠 16/04/25 21:40

懺鬼さま
読んでくださってありがとうございます!
こちらは続編がありますので良ければそちらも読んでいただけるとうれしいですm(._.)m

色條久遠 16/04/25 21:04

その女の人とは?
レイジは彼女のことを好きなの?
切ないけどどきどきします。

懺鬼 16/04/24 16:00

見ててドキドキしてました!!いいですね!

兎川 哀* 15/05/05 12:51

色條さま、こんばんは。
先にこちらだけ出来上がったので、置いていきますね(○´∀`)ゞ

-----------------------------------------------------------------

麻酔がかかった脳みそで
ひたすら あなたの名前を呼ぶとき

熱に紛れたいとしさの中で
ひたすら あなたに手を伸ばすとき

燻るちいさな この胸に
絡まる痛みも きっとあなたは
身に覚えが無いのでしょう

知らぬ存ぜぬ からから回って
なんにも知らずにいるのでしょう

手折ってしまえば容易いものを
砕いてしまえば容易いものを

それでも繋いで
決して外れぬ鎖のその名を
あなたもきっと知らないままで

さようならにも溶かせぬ痛みを
私は今日も 飲み込むままで

-----------------------------------------------------------------

気に入らない箇所などありましたら言ってくだされば修整いたします。色條さまご自身でちょちょいっと直していただいても構いません。

前回に続き、とても切ないお話でした。壊れてしまうのは一瞬です。でも、壊れてしまいそうなのは彼女だけではないのだろうな…という勝手な感想が突っ走ってこんな感じになってしまいました。

続編のポエムについては、年末年始ということもあり、もうしばらく気長に待っていただけたらなと思います。すみません(´・ω・`)

それではまた出来上がり次第お邪魔させていただきます。良い年の暮れを過ごせますように!

小鳩 憂 14/12/30 21:10

>>全て見る

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。

>>作品に戻る



 ※通報とは?