朝からどれだけ嫌みを言われるだろう。

 いろいろと覚悟しながら出勤したのに、瑠海は昨日の夜の話は一切しなかった。

 何だか拍子抜け。

 でも、仕事の面ではかなり突っ込まれた。

 瑠海のデスクの上にこれでもかというくらい山積みにした書類をパラパラと見て彼は厳しい表情になった。

「紙の決裁書・・・これは電子化させる。紙だと移動中見れないからね」 

「はい」

 私は形ばかりの返事をして淡々とメモをとる。

 次に同じくデスクの上に置いておいた朝刊を見て瑠海は軽く溜め息をついた。

「新聞の購読はいい。ここで読んでる暇はないから」

「はい」

 それから、出したコーヒーをちらりと見てあからさまに嫌な顔をされた。

この作品のキーワード
秘書  王子さま  イケメン  美形  副社長  OL  シンデレラ  オフィスラブ 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。