毎週土曜日と日曜日の朝はシャーリーへ行く。

 というか、通っている。

 只今、午前九時四十四分。

 私はシャーリーの店の横にいる。

 私の前後にも人が並んでて、まるで新春の初売りのよう。

 開店前に並んでいる人達のお目当ては九割の確率でシャーリーバッグだ。

 あの人もよく顔を見かける常連さん。

 開店になると迷わずシャーリーの売り場に行ってシャーリーを拝む順番を待つ。

 シャーリーバッグは最近は一日に三〜五個しか入荷しない。

 だけど、その入荷した分が開店して二十分前後で全部売れてしまうのだ。

 私が欲しいのは深紅のシャーリー唯ひとつ。

 お金が貯まってから年間ずっと通ってるけど、まだ深紅のシャーリーにはお目にかかれていない。

この作品のキーワード
秘書  王子さま  イケメン  美形  副社長  OL  シンデレラ  オフィスラブ  チーム黄