(最近会わなかったけれど、あの男は見たことがある。)
薫は自分落とそうとしている男をかわしながらカウンターに座る一人の男を見ていた。バーを出たけれどやはり気になってバーに戻る。カウンターの男に話しかけて「僕を口説いて」と微笑んでみると──


竹の葉は、春になると枯れ落ちる。春に生えたたけのこは秋になると一人前の竹になって青々と茂る。季節を錯誤しているようでありながら自然の理に適っている。

薫の春は、薫の秋は、めぐるのか。

この作品のキーワード
片思い  禁断  思い出  サラリーマン  バー 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。