★★★★★
不器用で強がりな恋
不器用なのは、主人公の操だけかと思いました。だけど、いろいろと読み進めていくと、海藤さんも意外と不器用?
操の強がりは読めば読むほどわかり、それを自分の中でもいろいろと葛藤しながらも、そんな自分を認めている。だからこそ、自分はかわいい女にはなれないと諦めている部分もあり、海藤さんはそんな操が好きなのに、操はそこは欠点としか思っていなくて……
ここでもすれ違いなのですが、だけど、恋ってそういうものだと思うし、読んでいてとても面白く、リアリティがありました。ただのラブストーリーのストーリーだけではなく、キャラの内情がより深く書かれており、純粋に『うまい』と感じました。
読み応え満点の作品です。
聖凪砂
15/01/14 00:47

>>新着レビュー一覧へ