悠太くんがあんなこと言う人だったなんて思わなかったよ。


『応援してる』って言ってくれたのに…。


『俺は萌歌の味方だ』って言ってくれたのに……。


悠太くんのこと信じてたのに………。


あれはあたしの気持ちをもてあそんで、楽しむものだったの…?


今日は人生で一番素敵な日。


そんな日を迎えるためにオシャレを磨いてすこしでも可愛くなろうって努力して。


恥ずかしがり屋なところも気をつけて一生懸命に想いを言葉にして。


やっと、憧れで大好きな王子様とふたりきりで楽しいデートを迎えることができた。


……と思ったのに。


心から楽しめないじゃないか。


この作品のキーワード
初恋  甘々  胸キュン  イケメン  青春  天然  純愛  クール  高校生  溺愛