私たちが事務所へと戻ったのは、18時を過ぎた頃で。

すっかり長くなった陽のおかげで、そんな時間になっているとは思いもしなかった。


そして、マンションの下でバイクを降りた時のことだった。



「あ、兄ちゃん、」


ヘルメットを外した北見さんに、年配の男性が声を掛けて来たのだった。


誰だろう?


自転車にまたがり、カゴにはたくさんの新聞らしき束。


夕刊の配達なのかな?


「この前探してた猫は見つかったのかい?」

「えっ、あ……」

この作品のキーワード
探偵  ドタバタ    お嬢様  政略結婚  理想の恋  世間知らず  じれじれ 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。