センスの良い調度品がさり気なく置かれた広い和室。


南に面しているせいか、燦々と降り注ぐ太陽で、夏を目前に控えた部屋は少し蒸していた。


上段がガラスになっている引き戸から見える庭は、ちょうど庭師が手入れをしている最中だった。


初めて上がった芙美さんの家は、外観から想像していた通り、一人では持て余してしまうほど大きなお屋敷だった。



「これ、芙美さんですか?」


背の低い戸棚に飾られた、一枚の写真立てを手に取った。


椅子に腰を掛け、白無垢に身を包んだ美しい女性。

そのかたわらには、ピンと背筋の通った男性が口を真一文字に結んで立っていた。


「あらやだ。変なものを見つけないでおくれよ」


芙美さんにしては珍しく、頬を赤く染めて照れる。

この作品のキーワード
探偵  ドタバタ    お嬢様  政略結婚  理想の恋  世間知らず  じれじれ 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。