まずいな。

液晶画面を見ながら思う。
自分の部屋、久しぶりにレンタル店でAVなんかを借りてみた俺。

画面に映る女優のエロい姿を見ながら、自家発電……なんて思ってたら、気付いてしまった。

この女優、藤枝汐里に似てる。
かなり似てる。最初は髪形だけかと思ってたけど、目元も似てる。

まずいだろ、これじゃ俺、同僚で抜くことになっちまう。
しかも藤枝だぞ。俺の大ッ嫌いな藤枝で。

脳裏に過ぎる、一昨日のやりとり。


『俺のこと好きだろ』

『うん、そうかもね』


あの時、あいつどんな顔してた?

いつもどおり無表情だった?
それとも、恥ずかしそうにしてた?

ダメだ、思い出せない。
俺は俺で、思わぬ答えに焦って、あいつの表情を見る余裕がなくなってしまった。

きっと、俺と会話したくないからテキトーに頷いただけだ。
でも、もしかして100分の1くらいの確立で、そこに真実が混じっていたとしたら?

藤枝が本当に俺のことを好きだったとしたら?

この作品のキーワード
愛憎  同僚  執着 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。