俺の妻は駕籠の中の鳥だ。



「ただいま」

そう言いながら扉を開けると。


「……」


なにもいわずにぼんやりと、
彼女は俺を迎えてくれる。



「俺のこと好きだから?」

「……うるさい」


世にいうツンデレなのか
はたまたシャイなだけなのか。



「…私には歌月がいる、もん」



自ら閉じ込められた彼女は、
とてつもなくかわいい。




さいきん息詰まった私の、
息抜き短編小説です。


瑠璃ちゃんを定期的に書かないと死んじゃうぅう…



◇◇お知らせと謝罪◇◇

まぁったく意味がわからないと思うので、
最後の最後の
【自己紹介】
から読んでもらっても構いません。


だって本当にジコマンなんです。


瑠璃ちゅわんの可愛さに酔いしれろ!



◇◇御礼◇◇
ありがとうございます!

希乃己さん


【るりりんわーるど企画第一段】

第二段は【百合の花】です

この作品のキーワード
シンデレラ  美女  兄弟愛  兄弟  シスコン  新婚  ツンデレ  クーデレ  無口  可愛い 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。