「……チュ、パ」



飴玉を舐めさせようと、不躾に突っ込む指を咥えて悦ぶ様な音をわざと出す。

もう、羞恥なんて言葉は私から消え去ってしまった。


ただ、目の前には彼がいて。
その瞳の中には、ぼんやりとした私が映ってて。

…ああ、私ってこんな顔だったっけって、そこでやっと思い出す。
記憶の、どっか片隅にあった私を引っ張りだそうとするけど、それは彼の手によって遮られた。



「…俺の名前を呼べよ」

「……ア、キラ」


途切れ途切れに弱弱しくそう、口にするとアキラは満足そうに微笑む。
この顔はとてつもなく、好きだ。

このグレーがかった優しい瞳に吸い込まれてしまいたい。
何度も何度も思ったんだ。


「…タエ」

「……」

「お前は俺のモノだ」


そう言うと、顔を歪める。
彼はその顔を隠す様に、私に口付けをした。

この作品のキーワード
狂愛  監禁  束縛  愛憎  大学生  イケメン  好きな人  幼馴染  俺様  強引 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。