窓から陽射しが差し込んで来て、夜が明けた事を告げていた。

だけど、私の体は動かない。


一度、ちらっと窓の外を見る。
だけど、すぐにその視線は戻された。


大学に行かなきゃ。

そう、ぽつりと思うけど。


私は動こうともしない。



昨日、勝手に私が出て行ってしまったから。

だから。

今こんな事になってるんだと思うと、家から出られない。


彼のいないベッドは何故か広過ぎて、そう感じてしまって眠れなかった。
ソファに体を投げ出して、私はそこで過ごした。


廊下で音がする度に、体が反応する。

だけど、それが彼のモノじゃないとわかって肩を落とすんだ。

この作品のキーワード
狂愛  監禁  束縛  愛憎  大学生  イケメン  好きな人  幼馴染  俺様  強引 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。