「…逃げないよ」

「え?」


情事を終えた後、早々に着替えをする彼にそう声をかけた。
その言葉に、素っ頓狂な声を出した彼が驚いた顔を見せる。


「アキラの元から逃げない」


彼のパーカーだけを羽織った私は、体を隠す様にまた体育座りをする。
だけど、視線は彼から逸らさなかった。


どんなに嫌だと思っても、私にはここしか道がない。

無理矢理抱かないで欲しいって思う。
もう少し、優しくして欲しいって思う。

笑いかけて欲しいって思う。

だけど、それを望むのはきっと欲張りなんだ。

私はペットだから。

この作品のキーワード
狂愛  監禁  束縛  愛憎  大学生  イケメン  好きな人  幼馴染  俺様  強引 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。