世の中には色んな妖精がいるよ!










水の妖精。火の妖精。






木の妖精に土の妖精。









中には魚の妖精だっているし






コップの妖精もいるんだよ。






この世界の物の数だけ妖精はいるんだよ!









私はゴミの妖精。








汚いね!







でもとってもきれいな羽を持っているよ。







ゴミを愛する美しい気持ちも持ってるよ!







おやおや?







なんだかみずぼらしい猫ちゃんがいるよ。






きっとゴミとして捨てられたんだね。








ご主人様も迎えにこないよ。








かわいそうだね。








よしよし。







ゴミ妖精のしもべにしてあげようね。







大丈夫。










もう寂しくないよ。







この作品のキーワード
感動    家族  愛情  切ない  絵本  ゴミ