ああ…あっつい…

真夏の太陽の陽射しが容赦なく照りつけ私の額から大粒の汗が流れる。

大きなスーツケースをガラゴロと引きずりながら曲がりくねった坂道を歩く。

丘の上を見上げると木々の間から、ひっそりと佇む古い洋館が覗く。

その館は、住宅地とは隔絶された場所に建っており、外観は石造りで中世ヨーロッパ風である。

完全に現代社会から浮いた存在のため、周辺住人からは「おばけやしき」なんて不気味なネーミングで呼ばれていた。

ま、実家なんだけどな。


この作品のキーワード
イケメン  お嬢様  執事  毒舌  アラサー  ラブコメ  大人の恋  眼鏡  離婚  身分差 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。