ある日、私の目の前に綺麗な青い鳥が現れた



        飛び立つ姿に私は言った



 「貴女は私とは違うのね……

         羨ましいな・・・。

  私にも、そんな、自由な翼があったらいいのに・・・」





見詰めた先には冷たい鉛が光っていた。

嗚呼、私はまた貴女に囚われる…




※注意※
監禁モノ、無駄にシリアス、そのクセ中身は御座いません。
(微?)エロ裏注意

この作品のキーワード
鳥籠    監禁  ヤンデレ  狂愛  シリアス  エロ  微エロ