「…大丈夫か?」

「…うっ…は、はい」


それは私が駅で貧血になった時のこと。


…会っちゃった。運命の人。


それから新学期になった日。


私は彼と再会した…。

彼は"先生"だった。



この作品のキーワード
先生  生徒  教師  禁断  青春