わたしの隣の席の立花くんは

性格が歪んでると思う



だって───



・人をからかうのを生きがいにしてる

・"わたし限定で"意地悪をする

・なぜかめちゃくちゃ構ってくる

・わたしが反撃してもいつも余裕




「ねぇ、なんでわたしだけに
こんなことするの?」


「……好きだから」


「へえっ!?!?」



「───おまえの、そのアホみてぇな顔」




✱ - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - ✱


言いたいことが言えない内気女子

成田 くるみ
-Kurumi Narita-

×

くるみにだけ 超ドSで意地悪

立花 玲
-Rei Tachibana-


✱ - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - ✱



……きらい、なはずなのに




「なんの理由もなしに、おまえだけ
こんなに構ったりすると思う?」


「きらいでもいいから、
ずっと俺のことだけ考えてればいいのに」




……きらい、なはず、なのに。



きみがわたしをちゃんと見てくれてるって
思うのは どうしてだろう





*

°
:




(あーもう…可愛すぎて、無理。
もっといじめたい)


(どーすれば、おまえが手に入んの?)



すきだから、いじめたい



※ほんとは 愛し方を間違えているだけなのです




\意地悪男子と不器用恋愛/


(2017.11.16〜12.13)

前に少しだけ公開していたお話をベースに
色々と変えて 出来上がったお話です.


◆只今 加筆修正中◆



*Thanks for a review*

由衣.゚ さま
朝生陽葵 さま

この作品のキーワード
意地悪  溺愛  不器用  ギャップ  胸キュン  すれ違い  一途  俺様  甘々  野いちご大賞