街全体がきらびやかに彩られる、クリスマスシーズン。

大通りに面したお店はどこもかしこも大きなツリーやリースが飾られ、洋菓子屋さんには華やかでおいしそうなクリスマスケーキが並ぶ。

歩道にはトナカイやサンタの形をした針金のオブジェが置かれ、街路樹も針金でグルグル巻きにされている。

これから日が傾いてくると、ライトが点くのだろう。

イルミネーションスポットとして有名なここは、テレビでも紹介されていて、絶対見に行きたいと思っていた。


これまで彼氏を作ったことのない私にとって、今年は男の人と一緒に過ごす初めてのクリスマスになる。

それは、あと二週間後。

豪華なレストランでローストチキンとケーキを食べた後、私の自宅まで送り届けてくれて、「じゃ、またね」でおしまい。

たぶん、そんな清らかすぎるクリスマス。


その相手は、今隣を歩いている婚約者君。

お見合いで知り合った御曹司。

手をつなぐのに手袋をしていたら邪魔だからって私が言えば、いつものニコニコ笑顔をいっそう輝かせながら、自分の手袋を外し、私の手を握ってくる。

彼の手は大きくて温かくて、ホッとする。

この作品のキーワード
壁ドン企画  独占欲  イケメン  御曹司  上司  婚約者  嫉妬  切ない  結婚  片思い 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。