夕方の校舎はオレンジ色

 君が打つのは黄色いボール

 それが吸い込まれる空の青と

 あたしが描く紅葉の赤

 
 両手いっぱいの青を見て 君が言った


「・・・あの空と同じ色だ」



 17歳になったばかり 高校2年のあたし佐伯七海

 隣の席で眠りこける、彼が少しばかり気になるところ


 あたしたちはどんな時でも、皆同じ空の下

 色々・繋がる――――――――――――――



 2014年11月28日~12月26日 明紫


 素敵なレビュー頂きました、本当にありがとうございました。

はるとし様
涼川 凛様

この作品のキーワード
高校生    明紫  夕焼け  青空