今日は何の予定もない丸一日フリーな休み。
今、朝の9時。
たっぷり寝て頭もスッキリ。
スマホをちょっと緊張しながら確認…


メールが1件。
相手は


[おはよ。
今から行ってくるね。
1人の早番は寂しいよ
今日はごゆっくり( ^ ^ )/
また、連絡します]


有宮君だ。
朝から癒しのメールに心がほっこり。
最近、色んな事が私の回りで起き過ぎた…
たまには心の洗濯をしよう。
今日は思いつくまま、自由に時間を過ごすのだ。
とりあえず本当の洗濯をしよっかな?
ベッドから起き上がり、少々散らかった部屋を片付けながら洗濯するものを物色。


あっこんな所にタオル。

あっこんな所に靴下。


1人暮らしは自由がある分、その分やる事もたくさんある。
毎日、ちゃんと脱いだ服は洗濯カゴにいれなきゃなー。
前まではこんなに散らかってなかったのに…
私、前まではどうしてたっけ?




思い出した途端、心の洗濯はどこかにいった…



そうだ…功さんが片付けしてくれてた記憶が…


外にあまり出掛けない私達は、1人暮らしの私の部屋にいる事が多くて、頻繁に功さんは泊まりに来ていた。


別れた時に功さんの物は全て処分したはずなのに、こんな事が部屋に染み付いてるなんて。

この作品のキーワード
らぶらぶ  独占欲  年下  ラブコメ  いちゃいちゃ  甘々  激甘  イケメン  三角関係  眼鏡男子 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。