全然、眠れなかった…


あのプロポーズを受けてから一夜明けて、今日は早番だから朝早くから支度中。


昨日の夜は眠ろうにも眠れなかった。
頭の中をプロポーズの言葉がずっと回っていて、こんな時に限って有宮君から電話どころかメールも無くて…
行きたい所を考えておいてって言われたけど、ローカル雑誌を見る気にもなれなくて…


せっかく、2人で出かけようって言ってくれたのに。
今度こそはちゃんと2人の時間を楽しみたい。
それに、功さんの事は有宮君に知られるわけにはいかないから、いつも通りにしなくちゃ。









そんな事を思いながらも



功さんの言っていた言葉が



ずっと心の中に引っかかっていた。



私は今、25歳。
これから友達もどんどん結婚していく。
そんな時、私は独身、しかも彼氏は夢見るフリーター、そして2歳年下。


出会ってからまるでジェットコースターみたいに始まった私達の関係。
振り回されてばっかりだったけど、振り回されている事を私は喜んでいたと思う。
今まで平凡な私の周りにこんな子はいなかったから。


お試し期間はあと、10日間。
残り10日間でもう一度、じっくり考えてみようかな…

この作品のキーワード
らぶらぶ  独占欲  年下  ラブコメ  いちゃいちゃ  甘々  激甘  イケメン  三角関係  眼鏡男子 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。