ただいまの時間、現在夜の9時。


私はとあるチェーン店の居酒屋で、飲めない酎ハイ片手に必死で営業スマイル絶賛公開中。
何でこんな事になったかというと…


まぁ、自己責任ね。貴重な悠ちゃんの休憩時間をカットさせてしまい、罰を受けた次第でございます。


その肝心の悠ちゃんはまだ仕事中。
相手のメンバーも遅れてくる人もいるという事で、今いるメンバーで一次会をしてるというわけ。


まぁ…それにしてもよく初めて会った相手に対してここまでさらけ出せるよなぁと思う位、男の子達は盛り上げてくれてる。
対して女の子達は何様のつもりなのか、気分をあげてもらって当たり前みたいな感じ。


悠ちゃん、人選間違えたかもよ?


「香奈ちゃーん!飲んでる?さっきからグラス持ってるだけで全然飲んでなくない?」


「大丈夫ー。飲んでるよー?お腹いっぱいになってきたから休憩してるだけ」


当たり障りないお返事…っと。


とりあえず早く帰りたい。悠ちゃん来たら交代で帰らしてもらおう。


「じゃあ、先にデザート食べちゃう?どれがいい?」


何て親切な男の子、
君はアタリだ。


ツンツンヘアーでちょっと色黒の笑顔がいい男の子。
名前は確か真島君。
全員年下だって聞いてたけど、ちゃんと気遣い出来る子いるじゃん 。

この作品のキーワード
らぶらぶ  独占欲  年下  ラブコメ  いちゃいちゃ  甘々  激甘  イケメン  三角関係  眼鏡男子 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。