あの合コンから翌朝。
昨日の夜の事を思い出して、なかなか寝付けなかった。


有宮君はアドレス交換したらすぐに帰ってしまって
本当に下心なかったんだーってちょっと残念に思ったりして


バイバイしてからもドキドキだけはずっと止まらなかった。
だって、おさまった頃に「ご飯行ける日楽しみにしてます。おやすみなさい」って改めてメールが送られてきて


完全に寝不足で肌荒れとか酷いはずなのに、いつもより潤ってる感じがする。
昨日、若い子達と過ごしてパワーを分けてもらったのかな?


ていうか、浮き足だってる感じ。


昨日のご飯の約束が
メールがこんなにも嬉しく思うなんて


認めたくないけど、ちょっと惹かれてしまっている自分がいる。
これが恋に発展するのかどうかわからないけど


いつまでも思いにふけっているわけにはいかないので、クローゼットを開けて通勤の準備をする。
私の働いてるショップは私服勤務で、エプロンだけ着るスタイル
しゃがんだり動いたりする事が多いから基本パンツスタイルが多い。


悠ちゃんは流行りをバッチリおさえてるからスカートとか履いたりするけど、私はもっぱらパンツ派。


いつもなら迷わずデニムを履くんだけど、向かいのショップに有宮君がいると思うと着るものに悩んでしまっている…


…なんでこんな乙女になってんだぁ~

この作品のキーワード
らぶらぶ  独占欲  年下  ラブコメ  いちゃいちゃ  甘々  激甘  イケメン  三角関係  眼鏡男子 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。