普通に考えれば、かよわき乙女(……でもないか、そろそろ)のあたしが重い荷物に辟易していることが分かったら、「いいですよ」と答えるのが当然だろう。




実際、今までも似たようなシチュエーションはいくらでもあって、そのたびに男子学生が手伝ってくれていた。





………でも。





「え、いやです」





南くんはさらりと拒否しやがったのだ。




あたしは耳を疑い、不覚にも一瞬、動きを止めてしまった。





それから気を取り直して口を開いた。





「ちょっと上まで運ぶだけなんだけど」




「え、いやです」





南くんはやっぱりさらりと拒否した。





「な、なんで?」




「めんどくさいから」





その瞬間、あたしは確信したのだ。




この男は、とんでもないめんどくさがり屋で、さらに、人でなしだと。





この作品のキーワード
大学  大学生  変人  無口  無愛想  ほのぼの  短編  年下  母性本能