南くんにまつわる仰天エピソードは、もちろんこれだけではない。




たとえば、ペンケース。



あたしは磯辺先生のゼミにお手伝いとして参加していて、その日はたまたま南くんの隣に座った。




そして、中学校の補助バッグから南くんがのそのそと取り出してきたペンケースを見て、あたしは度肝を抜かれた。





「………なっ、なにそれ南くん!?」




「え……ステゴサウルスですけど」





そんなことも知らないのか、といった顔であたしを見つめ返す南くん。





「いや、ステゴザウルスだろうがティラノサウルスだろうが、どっちでもいいんだけど」





即座にツッコミを入れたあたしの言葉に首を傾げる南くんの手に握られているのは、小学校に入学するとき買ってもらう定番の、あれ。



薄型の長方形のハードケースの筆箱。


両面筆入れって言うんだっけ?




ふたが磁石でカチッととまるやつ。



そのふたに、でかでかと恐竜の絵が描かれている。






この作品のキーワード
大学  大学生  変人  無口  無愛想  ほのぼの  短編  年下  母性本能 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。