とにかく何事に対しても、どう考えたってめんどくさがってはいけない事柄に対しても、めんどくさいと答えてしまうのが分かったのは6日目。



その日の夜は研究室の飲み会が予定されていて、幹事のあたしは朝一番、南くんに声をかけた。





「今日の飲み会、参加するよね?」





すると南くん、





「めんどくさいから行きません」





とのたまった。





「………南くんの歓迎会だよ!?」




「でもめんどくさいから」




「飲ミニケーションって言葉を知らんのか!みんなと親睦を深めるチャンス!」




「え、いいです、めんどくさいから」




「馬鹿!来なさい!先輩命令!」





まだ知り合って間もないし、とこれまで遠慮していたあたしだけど、とうとう堪忍袋の緒が切れた。




あたしは時間になると南くんの首根っこをつかみ、飲み会の会場へと強制連行した。




レッツ・飲ミニケーション!!





この作品のキーワード
大学  大学生  変人  無口  無愛想  ほのぼの  短編  年下  母性本能 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。