青白い顔の猫背男とド派手な花柄の傘で相合い傘をしながら歩き、飲み会の店に辿りついた。




入り口のところで会計をしてくれている院生の子が、





「会費、先に集金しまーす」





と声をかけてきた。




あたしは「はいはい」と言いつつ、かばんから財布をとりだす。



それを隣でぼんやり見ていた南くんが、補助バッグの中から何かを引きずり出してきた。





「………南くん、なにそれ」




「え……財布です」




「はぁっ!?」





それはどう見ても財布などではなく、ただのコンビニのレジ袋。




でも確かに、中には大量の小銭らしきものと、数枚のお札らしきものの影が見える。




この作品のキーワード
大学  大学生  変人  無口  無愛想  ほのぼの  短編  年下  母性本能 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。