――またか。


十二月初旬。
早めの忘年会が行われる居酒屋の一室で、スマホ片手に溜息をつく。


『ごめん、この後接待入った。遅くなるから、挨拶はまた改めて』


彼が約束をドタキャンするのは、最早恒例のことなんだけど、今回ばかりは……。

いたたまれず近くの同僚に声をかけてお店を出ると、外は驚くほど寒くて、空に向かって吐き出す息は真っ白だった。


何だかなー……。

本当は明日、実家の両親に彼を紹介する予定だったのに。

直哉《なおや》にとって、私との結婚への一歩って、たったニ行の言葉で取り消す事が出来る程度のものなの?


「なんて、考えても仕方がないか」

もう一度表示したメッセージを眺めながら柵に寄り掛かると、肩にふわりと温かいものがかけられ、体がビクッと震えた。


さりげないトワレの香りで、振り向かなくても、そこに誰が居るのか分かってしまう。

「お前寒くないの?」

「寒い、けど」

俯いて呟く私を鼻で笑って、同じように柵に寄り掛かって隣に立ったその男が、私は苦手だったりする。

この作品のキーワード
壁ドン企画  ほのぼの  浮気  胸キュン  溺愛 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。