「何やってるの?」



振り返ると、長身のまぁまぁ綺麗なお姉さんが立っていた。



「ちょっとイメージトレーニングを…」


「変な子ね」



この女は27歳くらいだろうか…?妙な落ち着きと、変なオーラが眩しい。



「ナミちゃん、ちょっと…」



アタシは店長に呼ばれて、そこから離れた。



「何ですか?」


「さっきマリンの名前を勧めた事、他の女の子達には言わないで。一応、うちの店の名前だから僕が勧めたなんて分かったら、面倒な事になるかも…。ごめんね」


「はい」


この作品のキーワード
双子  貧乏  女子高生  生き別れ  性悪  ブラック15  キャバクラ  ホラー  整形 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。