目を覚ますのが怖い。


学校に行って、カラダを納める事ができなかったと遥に言えば、間違いなく文句を言われる。


嫌だなあ……頑張ったつもりだったのに、最後にあんなミスを犯すなんて。


カラダを3つ納めて、世界が少し変わった。


嫌だと思いながらも目を開けて部屋を見渡すと、それだけで変化がわかる。


私の知らない「昨日」に、誰かが部屋に来ていたのか、飲みかけのペットボトルのお茶がふたつ、テーブルの上に置かれているし、制服だってハンガーから落ちたのか、床の上にあるから。


誰が来ていたのか想像しながら私は手を、目と目の間に当てた。


ここを思いっきり打って、すごく熱かった。


今は痛みはないけど、思い出すだけで脳みそがチクチクするよ。


そんな事を考えながら、私はベッドから足を下ろして立ち上がった。


世界が変わって、武司が少しでも立ち直ってくれるような事があってくれれば……。


床に落ちている制服を取り、ベッドの上に置いた私は部屋着を脱いだ。


そう言えば……「カラダ探し」をするからって、ここ何日かお風呂にも入ってないよ。


熱いお湯が懐かしく感じるな。


遥にお風呂場で「カラダ探し」を頼まれてから、どうも怖くてダメだ。

この作品のキーワード
カラダ探し  赤い人  ホラー  泣ける    高校生  卒業  友情  裏切り  復讐 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。