皆死んだ。


生き残ったのは私と高広、翔太と結子だけ。


死んでいった皆を覚えていたのは私と小川君しかいなくて、ふたりとも、美紀の影響で記憶が消えなかったのだろうと話し合ったりもした。


皆が死んだあの日の放課後、私の身体を貫いた光。


あれが美紀だったのだろう。


「呪い」が解けて、皆の事を覚えている。








これは幸せな事なのかな。


それとも不幸な事なのか。


いるはずの友達がいなくて、他の誰もそれを気に留めていない。


悲しくてたまらない私の横で、いなくなった事に気づかずにいる高広や翔太達が羨ましくもある。


あの日の翌日、私と小川君は美子のお墓への道を歩いた。


だけど誰もいなくて。


死体もない、そこにいた証拠もない。


唯一あったのは、掘り起こされた美子のお墓の穴だけ。


棺桶はボロボロに朽ち果て、中にあった美子の遺体も見当たらない。


ここに来た留美子達の身に何があったのか……別の場所にいた私にはわからないけれど、言葉通り命懸けで皆戦ったんだという事がわかった。

この作品のキーワード
カラダ探し  赤い人  ホラー  泣ける    高校生  卒業  友情  裏切り  復讐 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。