「今の言葉、本当ですか?」

あたしが呟いた一言が
隠してきた気持ちを彼に気づかせて
しまった。

戸惑い、逃げるけれども逃げ切れない。

あたしはただ、彼がこれ以上傷つかないで済めばいいと思っていただけだったのに。

「あたしだったらもっと大切にするのに」

二人だけの残業。
あたしの秘めた思いが、バレてしまった。

須永朔×本郷祐奈

この作品のキーワード
壁ドン企画  後輩 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。