俺は今壁ドンをしようかどうか迷っている。だが壁ドンをした結果を考えると面倒なことになりそうだった。

大して古くもないはずのアパートだが、壁が薄いのか隣の部屋の住人の生活音がよく聞こえる。
俺だって多少の音に迷惑をかけているかもしれないから、今までお互い様だと我慢していた。

だが引っ越してきて一ヶ月。隣の部屋の住人に我慢がもう限界だ。

隣部屋から夜中まで聞こえる男と女の声。途切れ途切れに聞こえる女の泣き声と、床だかベッドだかが軋む音。つまりはアレの最中だろう。

非常に気になる。気になりすぎて眠れない。ほぼ毎日だぞ?勘弁してほしい。今も女の泣き声は止みそうにない。

イライラして壁を叩こうか迷っていたその時、隣の部屋から何かがぶつかる鈍い大きな音がした。

壁ドンを迷い続けて一時間。叩くなら今だ。

俺は隣人トラブル覚悟で思いっきり壁を叩いた。

その瞬間隣の部屋から音は一切聞こえなくなった。
隣人が怒鳴りこんで来るんじゃないかと覚悟したが、どうやら俺の迷惑を理解してくれたようだ。

やれやれ、やっと眠れる。

静かになった部屋で俺は一瞬で意識を失った。



隣の部屋の住人は女だ。俺と同じくらいの年か、もしかしたら年下かもしれない。

会ったのは2回。引っ越しの挨拶の時と、先週部屋の前で会った。

挨拶しかしないしお互いの素性も知らないが頻繁に彼氏が部屋に来るらしく、アパートの階段をドタドタ上がる音やドアを開け閉めする音、時には笑い声や喘ぎ声まで…

友人に笑い話として話せたのは初めだけ。
もううんざりだ。
心の広い俺でも、大家に相談しようかというレベルで迷惑していた。



この作品のキーワード
壁ドン企画  隣人  トラブル  DV  暴力男  恋愛