「天音(あまね)さん」


上条は優しく目を細め、細くやわらかい彼女の手を取った。


「あ……」


こういうことに慣れていないのだろう。


首筋に口づけを落とすと、その度に小さな肩がぴくりと小さく震える。


そんな仕草でさえも、愛おしいと思う。



上条は彼女の顔をじっと眺めた。


見ればみるほど、こんな美しい女性に出会ったことはないと思う。


華奢な腕も、思いの外豊かな胸も、すらりと長く伸びた真っ白な足も。


彼女を形作るすべてが愛しくて、触れるたびに

『自分などが彼女に触れてもいいのだろうか』

と葛藤が生まれるほどだった。



愛しくて、大切で。

自分が出来ることなら、何でもしたいと思った。


たとえ彼女がどんな秘密を抱えていようと。


彼女を抱くたび、そんなことはどうでもよくなった。




「……天音さん」


「はい」




言葉にしても、きっと無駄だ。
彼女の存在こそが、自分にとっては真実だったから。


だけど、愚かな自分はどうしても何度も彼女に確認したくなった。




それはまるで、神聖な祈りのように。




「お願いだから、どこにも行かないでください」






この作品のキーワード
上司  三角関係  じれじれ  無愛想  秘密  偽り  切ない  胸キュン  すれ違い  大人の恋 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。