「えりんさん、そろそろ諦めてくれませんか?」

従業員四人の小さな不動産会社で事務員として働く私に毎日言い寄って来る、ふたつ年下の社長の息子は営業部長。

「……吹雪くんこそ諦めてよ」

私、須藤えりん(26)には、秘かに他に好きな人がいるんです。それは、社長。あなたの父親だなんて、


絶対言えない。



この作品のキーワード
壁ドン企画  壁ドン  年下  社長  片思い 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。