『あー!!華の事忘れてたっ!』

急いで靴箱に向かうと、何やら楽しそうな

声が聞こえてくる。

この声は華の声だ。

ん?男の子?

しかも複数いるような…

とりあえず華の元に駆け寄るように行く

と、そこには…

見慣れた顔が一人と見慣れない顔が一人。