「ひ、らおか…さん……?」

「……ねえ、俺にしときなよ」



「……え………っ?」





真っ直ぐ、真剣に、私を捉えた平岡さんの瞳から私は逃げられない。



だから、ただ、私も真っ直ぐに平岡さんを見つめる。






口を開いた平岡さんは








「テッシーじゃなくて、俺の事……好きになってよ。胡桃ちゃん」









と、私の瞳を捉えたままで、そう言った。









この作品のキーワード
社内恋愛  オフィスラブ  胸キュン  年の差  ドキドキ  上司  OL  長編 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。