────ピピピピピッ


「……」




カーテンから差し込む日差しに、鳴り響く目覚まし時計の音



──ピピピピピッ


「………」



目覚まし時計が鳴るよりもっと前……いや、そもそも寝ていない私に目覚まし時計の音は最初から聞こえているけれど、なんだか頭がぼっとして動けない







──────ピピッ、



「……………もう、うるさい」





流石にしつこく鳴り響く目覚まし時計の音に私は腹を立てて、ボタンを押し、音を消した

この作品のキーワード
社内恋愛  オフィスラブ  胸キュン  年の差  ドキドキ  上司  OL  長編 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。