冷静に、尚且つ冷たく私がそう言うと平岡さんは私の方へと近づいてくる


そして


「でも、本当に胡桃ちゃんが俺のものになるかも知れないよね?」


そしたら勘違いじゃなくなるでしょ。なんて、余裕な笑みで私の顎を掴み上へと向けた




「なっ、や……やめてください!」



嫌でもバチリと視線の合ってしまう状態に堪え兼ねた私は無理矢理平岡さんの腕を退け、距離をとる


そして、睨みつけるように平岡さんを見たけれど




「……まあ、覚悟しててよ。胡桃チャン」





平岡さんにそんなもの効くわけがなく、最後にそんな捨て台詞を吐いて彼は去って行ったのだ。────









この作品のキーワード
社内恋愛  オフィスラブ  胸キュン  年の差  ドキドキ  上司  OL  長編 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。