─────結局、あの後平岡さんとの間に距離を感じる理由は〝社内恋愛がバレるといけないからではないか〟という結論に至ったのだが。




「………にしても、やっぱり今までとはまるで違うね」


「……だよね……」




今日も、やはり平岡さんは前の様に私に近づいてくることはない。


もちろん、ほんの少し〝胡桃ちゃん〟と言って近づいてはくるけれど、話す内容はどれも仕事内容。





「……付き合ってないみたい」




前の方が、よっぽどか恋人らしかった。


……そんな気がする。






「小松さんと西野さん、どうかした?眉間にシワ寄せて」

この作品のキーワード
社内恋愛  オフィスラブ  胸キュン  年の差  ドキドキ  上司  OL  長編 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。