「えっ?あ、手島さん……」

「あ、手島さんだ〜」


声のする方を向くと、そこには資料を片手にこちらを見ている手島さんがいた


そんな手島さんを見た後「あ」と声を出した西野さんが私の耳元へ口を近づける



そして


「手島さんに聞いてみたらどう?平岡さんと仲良いし…手島さんなら何か知ってるかも!」


と、小さな声で言った。




「あ……う、うん」


あまり乗り気ではないものの、確かにそうかもしれないとも思う。


手島さんが何か知っているのなら……



「何?二人して」

「あ、の……ちょっと相談が……」



聞いてみるのも、いいかもしれない。

この作品のキーワード
社内恋愛  オフィスラブ  胸キュン  年の差  ドキドキ  上司  OL  長編 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。