─────コツ、コツ




非常階段で平岡さんに自らキスをし、その挙句恥ずかしい発言を沢山してしまったあの日から数日


私はいつものように会社へとやって来て、オフィスの扉を開けようとしていた



そんな私の背後から誰かがやって来るような、そんな気配がしていると……






「────きゃ、っ……!?」



後ろから誰かが私に覆い被さるようにくっ付いて来たのだ。




こんなことをしてくるのは恐らく……いや、絶対に






「……おはよッ。胡桃チャン」





ほら、やっぱり。平岡さんだ。

この作品のキーワード
社内恋愛  オフィスラブ  胸キュン  年の差  ドキドキ  上司  OL  長編 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。