「ちょっ……は、はなれてください。誰か来たらどうするんですか。」


ここは会社内。

しかも、オフィスの扉の真ん前で、おまけに出勤時刻だ。


いつ誰が来てもおかしくないこの状況でよく平岡さんはこんなこと……




「なんて言って、本当はまんざらでもないでしょ?」


「な、っ……」



〝違う〟と言い返さない私は意外と、平岡さんの言うとおりまんざらでもないのかもしれない。



でも



「バレちゃうじゃないですか」



バレて良い事などひとつもないし、やはり離れるべきだ。

この作品のキーワード
社内恋愛  オフィスラブ  胸キュン  年の差  ドキドキ  上司  OL  長編 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。