「は……?そんなこと言って、どうなってもいいのね?あなた達」


この事、会社にバラしてやってもいいのよ?と付け足した言葉に、少しドキリとした




でも





「勝手にしてください。私は、絶対……平岡さんとは別れませんから」






平岡さんと別れなければならなくなるより、マシだ。





社内にばれたって……





きっと、何とかなる。



きっと、大丈夫。







私は、そう思って背を向けると何事もなかったように歩き出した。








この作品のキーワード
社内恋愛  オフィスラブ  胸キュン  年の差  ドキドキ  上司  OL  長編 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。