ショックから頭痛さえしてくるような気がする私。

そんな私のことを構うことなく、平岡さんは相変わらずヘラヘラとしていて。


「今度から胡桃ちゃんのお家に行こうと思えばいつでも行けちゃう、ということで。僕の言うことは聞いておくように。ナンテネ」

「何が、ナンテネですか……」

「あはは」


平岡さんの冗談は、とても冗談には聞こえないような冗談だ。

だって、下手したらこの人本当に来ちゃいそうだもん……


「はあ」

「こらこら、胡桃ちゃん。溜息すると幸せ逃げちゃうよー?」

「な、も…もう!下の名前で呼ばないでください!本当に!」


住所や証明写真はもちろんだが。それ以上に下の名前で呼ばれることの方が割とキツい。

物心ついた頃からこの〝胡桃〟という名前がコンプレックスであった私。

コンプレックスである名前を、よりにもよってこの人に呼ばれるなんて。キツいどころの話じゃない。



「えー? なんで? いいじゃん、胡桃って名前」


……この人、本当に駄目だ。


ああ、神様。私はこの先、こんな人と長くやっていけるのでしょうか……






この作品のキーワード
社内恋愛  オフィスラブ  胸キュン  年の差  ドキドキ  上司  OL  長編 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。