カタカタ、カターー



私は、この先平岡さんとうまくやっていく自信は全くもってない。

だが、嫌でもなんでも。上手くいこうがいかまいが、何とかやっていくしかない。


「……平岡さん、資料出来ました」

「ああ、うん、ありがとう。そこ、適当に置いといて」


今、私がこの会社にいて、この会社でしていることは遊びでなければアルバイトでもない。

ちゃんと、念願の事務職で、正社員だ。


たかだか1人苦手な上司がいたくらいでこんな事では駄目だ、うん。

そう自分に言い聞かせるように私は何度も心の中で呟いた。


「はい、ではここに置いておきます」


そして、平岡さんのデスクに資料を置き、そそくさとその場を離れようとする


すると、パソコンと睨めっこをしていた平岡さんがくるりとイスごと半回転してこちらを向いた


「………あ。小松さん小松さん」

「はい、何ですか」

この作品のキーワード
社内恋愛  オフィスラブ  胸キュン  年の差  ドキドキ  上司  OL  長編 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。