──────ドクン、ドクン


ハグをされているのだから当たり前だが、あまりにも近くにある平岡さんに……


そして、その平岡さんから香る匂いや、伝わる温もりにドキドキが止まらない私。





「平岡さん………あ、のっ……」




私の肩に額をくっつけ、後ろにまわされた手はギュッと強く結ばれている


あまりにも密着している体に、私は少し耐え切れそうになく、平岡さんから離れようと試みた











「ごめん………あともうちょっとだけ。あとちょっと充電させて」






なんて、珍しく弱々しい声で平岡さんが言うものだから、私は離れようとするのを諦めて静かに抱きしめられることにした

この作品のキーワード
社内恋愛  オフィスラブ  胸キュン  年の差  ドキドキ  上司  OL  長編 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。